まいほーむわーく?

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

観戦あれこれ

TV観戦とスタジアムでの観戦。
日本のTVとドイツのテレビ。
それぞれに感じる違いがあります。

まずはTVとスタジアムについて、私が感じる違いについて。


★TVとスタジアム

これは本当に違いますよねー。
私は最近までTVのほうが好きでした。

だって選手の顔がはっきり見えるし、大事なシーンはスローモーションで見せてくれるし
どんな席に座るより試合が間近で見られる。
だから日韓共催のワールドカップだって、TV観戦。
最初から行く気はなかった。
その頃はまだ日本に住んでいたし、じつは会場も近かったのに。
前々回のコンフェデ、フランス対日本はリヨン(だったかな?)まで出かけて応援。
でも、その時もまだTVのほうがいいや・・・なんて思ってしまった。
どちらかと言えば旅行のほうが楽しかったくらい。
思い返せば勿体ない話です。。。

今はもちろんスタジアム観戦のほうが断然好きです!
あの、会場の雰囲気、色、熱気、音、全てがあってこそ『サッカー観戦』だと思うんですよ。
もちろん普段はTVのほうが多いんですけど、毎回毎回、『あー、あそこで観たい!』
って思いながら見てます。
コンフェデ杯ブラジル戦。
私の声が選手に届くわけはないんだけど、本当に声が枯れるまで応援しました。
持っていた団扇(高原選手サイン入り♪)はそのうち折れる!と確信し、収納したほど。
あの昂揚感は、TVでは味わえない。

日本戦ではなく、ブンデスリーガや地域リーグの試合だって観に行きます。
観に行くようになってボールの音が聞こえたり、選手の声が聞こえることに驚きました。
サッカーってこんなに声出してたんだ・・・って。
よくキーパーは大声で何か言ってる横顔が写りますが、実際にその声が聞こえた時は
当たり前のことなのにとても驚きました。

一番の違いは『自分が見たいところを見られる』ってことかな。
これは行ってみて初めて気付いたんですけど、TVって『見てる』んじゃなくて
本当は『見せられてる』んですよね。カメラが追ってくれる部分しか見られない。
自分がその場にいる時は、スタジアム全体が見えるわけですよ。
TVで見ていたら突然背後から走りこんできたように見える選手も、実際はもっと早くから
走り出してたり、攻めている側のゴールは画面の外に出ちゃってるけど、本当はちゃんと
そっちにもキーパーがいるわけだし、ベンチの中の動きもあるしetc.
こんな当たり前のことに愕然としてしまいました。

でも逆に、見逃したらもう見れないわけで。
そんな時はTVは優秀ですよね。
例えば、ブラジル戦での川口選手。私は何が起こったのか全くわかりませんでした。
『ない?なに?怪我したの?なんで?』って、その時は分からず仕舞い。
後から友達が送ってくれたビデオでやっと真相を知ることに。
そのビデオで知った細かい部分もずいぶんありましたし、やっぱり選手の表情や汗は
TVのほうが優秀に映し出してくれます。
ファールの瞬間なんか、実際に見ていたらあっという間だし。
解説を聞いていれば、いろんな情報も入りますしね。

でも解説も・・・おっと、これはまた次の記事にしようと思います。
スポンサーサイト

| 未分類 | 19:29 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。