まいほーむわーく?

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Bundesliga 20. Spieltag

Werder Bremen 1:1 Borussia Mönchengladbach

結果だけ見たら引き分けなんですけどね。。。

あっ。
本題に入る前に。
水曜日から寝込んでましたの泣く
恥ずかしながら、腰をグキッと。
正確にはグキッとやったことのある腰がシクシク痛んでいた先週に、バイト先でとどめを刺したと。
『くだらない意地悪』って書いた事の一つなんですが、その日唯一ヒールのある靴を履いていた私に会議室の椅子の移動(折りたためない椅子を1階から2階へ)を命じる、といった類なんですがね。
『電算・書類の整理』で雇われた私に、肉体労働って!
契約書にハンコ押したけど、椅子の移動なんて入ってなかったですがっ。
肉体労働だからだだをこねてるわけじゃなく、日頃の言動からバイト仲間全員が『いやがらせだ』ってハッキリ認識できるほど、この人の場合は意地悪なのです。
他の人は、入ったその日に『○○さんにこれを渡してきて』って言われて『○○さんというのは・・・どの方でしょうか?』って聞いて(当然です。初日なんだから)『それは説明できないなあ』って返されました。ありえないでしょ??聞いててムカついたので『私が一緒に行きますよ!』って言ってしまいましたが、そういうことすると更に意地悪されます。確実です。
とにかくそんなこんなで全く動けなくなって、ようやく松葉杖なしで歩けるようになったのが今朝からなのですが、休むって電話するのもムカつくので(ものすごくイヤーな対応されるので)明日は行く予定です!


すみません、本題に戻ります。

今回は結果を見ないで、90分がっつり見ましたよ。
で、90分後には引き分けな結果にぐったりだったんですけどね。
でもでもでもでも、、、、、事故。
あの失点は事故に遭ったようなもの、と思いたいがっくり
失点が、得点後ってとこがらしいんですけど。。。
サーッて音がするほど道が開けちゃった感じに見えまして。
事故なの・・・事故。あぅ。

頑張ったんだよぉ。
本当に頑張ったんだよぉ。
それ以上にBailly頑張るなよぉぉぉ絵文字名を入力してください
攻め攻めで、5点ぐらい入ってたっていいじゃないかぁぁぁって感じだったのになぁ。
なんで入んないんだ怒っていうのばっかりですよ。
TVを見てる家族と同じ部屋で、私はヘッドセットを使って見てたんですが、ワーワーキャーキャー騒ぐのでウルサイ!って怒られましたほっ
あぁ・・・現場で見たい・・・。
生Piza見たい・・・<ドサクサ

Werder Bremen:
Wiese - Fritz, Mertesacker, Naldo, Boenisch – Baumann - Frings, Tziolis - Özil – Pizarro, Almeida (54. Rosenberg); auf der Bank: Vander, Pasanen, Prödl, Tosic, Niemeyer, Harnik

Borussia Mönchengladbach:
Bailly - Gohouri, Galasek, Daems - Stalteri, Jantschke (40. Neuville), Dorda (68. Paauwe) - Matmour (75. Marin), Bradley, Baumjohann - Colautti

Tore:
1:0 Pizarro (76.)
1:1 Bradley (79.)

Gelbe Karten:
Tziolis, Naldo – Bradley

Tziolisも惜しいのが出てました。
でも前半は認識できてませんでした(ゴメン
何度数えても10人になっちゃって<オイッ
どう考えてもMFが一人足りない・・・って思いながら見てました><

あ、また腰が。
とにかく、今週は負けなかった、っつうことで。ウンぐすっ
スポンサーサイト

| 未分類 | 22:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://maihomework.blog66.fc2.com/tb.php/863-0009231f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。